FC2ブログ

はなこ、今日は何してる?

着物に関連した事柄や香道のことなど、日々の生活に少し楽しみを…

勘違い旅行~後編。





104945308_1949327698535977_5255980215606245681_n.jpg
オンネトーに癒されて、帯広への帰り道。
足寄を回って帰ることにしました。

これも数十年ぶりの訪問です。
テレビでラワン蕗の収穫を見たからですが、蕗が出回っているかなと思いました。

走っていると普通の大きさの蕗の畑が道の脇に広がっています。
閉まっていましたが、ラワン蕗の里という会館に車を停めて一回り。

この看板がツボに入りました。
名言です。
104478415_1949327725202641_9186238213039572011_n.jpg
人間の背の高さもあるような蕗は、個人の畑に行かないと見られないのでしょう。
そんな畑に勝手に入る訳にはいきませんので、一先ず駅に向かいました。
104697000_1949356008533146_6046754256786431711_n.jpg
駅は小さく、道の駅は大きい…車社会が浸透した結果です。
104384032_1949355988533148_1102836786702686439_n.jpg
駅の向かいに食パンが有名なパン屋さんがありましたが、残念ながら売り切れでした。
今の食パンブームの前から、美味しいと噂になっていたお店です。
104339927_1949356011866479_1626562606358609293_n.jpg
道の駅の中には、松山千春資料館も併設されていました。
ラワン蕗の写真もありました…缶詰はありましたが、生の蕗はなかったのでお土産は買わずじまいです。

中学時代、行事で彼の歌を歌っていた人がいたなと思い出しました。
全盛時代、どちらかというと海外の音楽に染まっていたはなこは、頭を丸めた松山氏しか記憶にありません…。

道の駅にも殆ど人は居ませんでした。
降って湧いた勘違い旅行もあとは帰るばかりなり。
足寄から道東自動車道に乗り、本別で豆でも買って帰ろうかと思いましたが降りられませんでした。

勘違いで始まり、勘違いで終わる。
おあとが宜しいようで。





スポンサーサイト



  1. 2020/06/30(火) 20:55:43|
  2. はなこの壷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勘違い旅行~前編。





105484928_1949261245209289_9163281206625562962_n.jpg
いつもは第四週目の火曜日が、釧路のお稽古です。
向かう道すがら、いや…何かが違う…そんなことが頭を過りました。

お稽古の日程を出すのは半年前です。
今頃は今年の10月から来年の3月までの予定を考えているのです。

一週間間違えました。
我ながら驚きましたが、留守にする手筈も全て整えて出て来たからには、早く帰るのは勿体ない…そんな声が聞こえます。

「そうだ、阿寒行こう」。
次の瞬間には車で阿寒に向かっていました。

カーナビというのは便利なものです。
お天気もよく、気分も晴れ晴れ。

阿寒に行くのは何十年ぶりでしょうか。
本当の目的は、その近くにあるオンネトーです。

外出自粛でお店もお客様が少ない所が多かったです。
はなこも実際に入ったお店は二軒ほどでした。

一軒目はお菓子屋さん。
洋菓子から和菓子まで色々取り揃えた町のお菓子屋さんでした。
ジェラートを頼んだら、お餅をサービスしてくれました。

そして、阿寒と言えばマリモ羊羹。
食べることより皮を剥きたいのが本心です。
104412034_1949231125212301_240218895099639516_n.jpg
湖畔のホテルにどれだけお客様がいたのでしょうか。
お散歩している人は数えるほどでした。

フェイスシードやマスクをして万全の体制で玄関に立つ職員の方。
こんな姿を見るのも今だからこそですね。

湖畔を一回りして、次の目的地に向かいます。
オンネトーは綺麗な湖です。
105752535_1949286231873457_6445266353982387640_n.jpg
雲が掛かってきたので晴天の青さはないものの、それでも不思議な青さです。
父の退院祝い(本人はいませんが)のつもりで、スイスイと湖畔を走ります。
105588254_1955714834563930_8344903952562732047_n.jpg
車は2台ほどすれ違いましたか、森の中の静かな湖畔。
ここに来るのも30年ぶり位でしょうか…湖は変わらない姿で迎えてくれました。

勘違いがくれた一人旅。
森の静けさに癒されました。
  1. 2020/06/29(月) 20:25:47|
  2. はなこの壷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大腸の話。





106170167_1952352038233543_7221344845183042268_n.jpg
大腸に出来物が出来まして。
はなこの…ではなく、父の、です。

87歳にして手術をすることになろうとは、思いもしませんでした。
五月に既に退院し、家で生活しております。

丁度コロナで教場も閉まっている時期でしたので、とても良いタイミングではありました。
病室には入ることが出来ませんでしたので、色々と気になることはありましたが、無事帰って参りました。

今年はペースメーカーやら大腸切除やら、これからまた何かあるのだろうかと思ってしまう年になりました。
大腸を触ると何が起こるかを書いておきたいと思います。

彼の場合、既に出来物が大きく育ちすぎたので、内視鏡での手術は不可能でした。
けれど、ほぼ癌と思われたその物体は案外優しいタイプのもので、切除して治療は終了に。

大腸が20センチほど短くなった訳ですが、その役割である便の水分を吸収し、形を整える部署が短くなる訳ですから、形が上手に作られなくなりがちです。
出過ぎたり、出なくなったり、最悪詰まってみたり。

切除してしまえば、詰まることはないと思っていたはなこには衝撃でした。
腸が詰まってしまうかもしれない原因となる食品はあまり食べない方が良いですよとなります。

彼が大好きだった餡子も漉してあるものしか食べられません。
豆の皮は詰まりやすいからです。
海藻もダメとなると、寒天や和菓子も制限されてしまいます。

繊維が縦に長いもの…ネギ、山菜、ゴボウなどの繊維質の多いもの。
食べる時にはb繊維を細かく切ってから。

腸には刺激を与えないでくださいねということで、香辛料や薬味の類も控えるべき食品です。
大好きなカレーも、今では沢山食べられません。

油が多いもの、乳製品、腸内で発酵するもの。
揚げ物、牛乳やチーズ、さつまいもなど。

ここまで来たら、一体何が食べられるのかと頭を捻ります。
そして食事の量も多くは食べられません…食べたいのですが、腸に負担をかけない量になります。

麺類などは一度に食べてしまう量が多くなりますので、暫くお預けです。
そして、ラーメンなどはニンニクやショウガ、ネギなど香辛料がたっぷり…あの量をいつになったら食べられるのでしょうか。

大腸の内視鏡検査が死ぬほど嫌でした。
大量の下剤を飲みたくないという理由です。

けれど、こんな話を聞くとやってもいいかな?いや、やるべきではないかと思ってしまいます。
身をもって知る、病気の怖さです。

薬味のない生活はとても悲しいものです。
野菜が嫌いな父は悲しまないと思いますが、それでも食べなくてはなりませんので全てポタージュスープになっています。
これが案外好評です。

腹も身の内。
どうか、皆様もご自愛下さい。
  1. 2020/06/29(月) 19:06:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂糖の考察。





103093748_1942173909251356_8175314735593707990_n.jpg
お休み中のマイブームは、無農薬のものを取り寄せることでした。
南高梅だったり、甘夏柑だったり、ある時はヨモギだったり。

梅シロップやオレンジピール作りで沢山使われるのはお砂糖です。
梅や皮の8割から同量のお砂糖を使います。

防腐剤としての役目を負っているからなのでしょう。
8割で作ってみました。

梅シロップの時には氷砂糖、オレンジピールの時には上白糖にグラニュー糖。
砂糖には様々な種類があります。

詳しく書いてあるものを見つけましたので、こちらに載せておきます。
はなこもこんなに種類があるとは知りませんでした。

砂糖と上白糖とグラニュー糖の違いは?~砂糖の種類と特徴~

何故お砂糖の種類を調べる気になったかと言えば、オレンジピールの出来上がりが気になったからです。
砂糖というと、上白糖を思い浮かべてしまいます。

甘夏柑の皮を砂糖で煮る=上白糖で煮ました。
その結果、冷めてからグラニュー糖を振りかけても何となく仕上がりがベタっとした感じなのです。

出来た直後は、確かに美味しかったのです。
初挑戦でこの味は、なんと素晴らしい!と自画自賛致しました。
それだけに一日後の変化にがっかりした訳です。

これがサラサラのグラニュー糖で煮ていたら、仕上がりはもっとカラっとしたのではないだろうか…。
砂糖をまぶしてから常温に置いていたのも、もしかしたら一つの原因だったのかもしれません。

冷蔵庫で乾燥させるべきだった…?
そんなことを考えつつ、つまみます。
次は洋酒も少し混ぜてみたら大人の味になるのでは。

今回はグラニュー糖を付けないものも作ってみました。
後日チョコレートコーティングしようと企んだのです。

いつコーティングを始めるのか…それが問題です。
次回は冷凍してある皮を使って、グラニュー糖で煮てみることにします。

冷凍のもので変わらず出来上がるのかを調べるには、今のものがある内に作るべきですね。
お砂糖の探求は続きます。

  1. 2020/06/21(日) 22:55:51|
  2. はなこの壷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自粛の形。





104492255_1945028918965855_274907204766678445_n.jpg
いつになく暑い日が続き、雑草取りを見送っている内に草が育ってしまいました。
少しづつ日常が戻りつつあるこの頃ですが、心に出来た防衛線は簡単にはなくなりません。

これがWITHコロナということなのでしょう。
お休みしている間は、今までやってみたかったことを色々と試していました。

やってみたかったこと…他愛もないことです。
オレンジピール作りや梅シロップを作ることだったり、ミニバラを育てることだったり。

オレンジ色の大きな花を咲かせていたミニバラ。
次の蕾が出来ましたが、今度はクリーム色です。

挿し木で作られるミニバラは、元の性質が出て来ることがあると何かに書いてありましたが、そうなのでしょうか。
植物も奥深いと思いました。

お花は小さいのですが、咲いてくれると嬉しいものです。
お水をあげたり肥料をあげたり、葉っぱの様子を眺めたり。

こんなにまめにお世話をするのは初めてです。
大きく育った三本の苗が、一番小さい鉢に一緒に植わっていたかと思うと感慨深い…。

自粛時間が形を変えて結果を見せてくれる…今までの生活ではなかった楽しみです。
バラのことも少しづつ調べています。

次は挿し木にチャレンジしたいと思い、挿し木セットを買い揃えました。
増やしていく楽しみをもう少し味わいたいものです。

ポプリ作りも継続しています。
車のトランクの中で乾燥させると早く綺麗に仕上がります。

車に香りもついて、すっかり定番に。
面白がって色々な花を乾燥させていると、色が変わらないもの、変わるもの、様々です。

最近のお気に入りは、ひまわりのきりっとした黄色でしょうか。
褪せることなくそのまま仕上がります。

色々な花を取り混ぜて、好きな香りで楽しみたいものです。




  1. 2020/06/19(金) 23:19:08|
  2. はなこの壷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ