はなこ、今日は何してる?

着物に関連した事柄や香道のことなど、日々の生活に少し楽しみを…

嗅覚。





DSC03514.jpg
会が始まるまでの間軽食を頂いていたお蔭で、空腹に悩まされることなく進行を見守ることが出来ました。
短い時間ではありましたが、お話が面白くて時間が過ぎるのが早い事…。

人間も動物なのだと思ったお話もありました。
それは女性側に…種を保存する為に備わった機能と言うべきでしょうか。

匂いで遺伝学的に遠い存在を判別しているという実験結果でした。
対面することなく匂いだけの判別です。

残念ながら、男性は視覚的な情報に左右されやすいとか。
女性はそれ以外の要素を知らないうちに判断基準にしているようです。

また、人間が集団で生きるために、仲間を作ることを匂いが後押ししているといった実態も…。
幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンも嗅覚で感知するそうですから、鼻を鍛えるのも意味があると思いました。

まだまだ解からない事が多い脳の働きですが、嗅覚がとても大きな役割を担っているようです。
お香をしている方は、いつまで経ってもお元気で年齢を感じさせないという声も聞こえます。

香りを聞いて脳を刺激し、組香で答えを考える…。
何気なくしていた事でしたが、そう言われると確かにそうだと思うこの頃です。
  1. 2018/06/04(月) 18:10:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香りの記憶。





DSC03516.jpg
前夜祭では、中野 信子氏の講演がありました。
今、とても注目されている方だそうで…世の中に疎いはなこは知りませんでしたが。

お話は、とても興味深い内容でした。
香水好きが高じて、以前は専用の冷蔵庫もお持ちだったとか。
フランスに一年ほど行かれるときに、泣く泣く手放したというエピソードもお聞きしました。

ご専門は脳科学。
脳科学とは、脳の機能…基本的構造を明らかにしようとする学問で、30年前には神経学、あるいは大脳生理学と呼ばれていた分野だそうです。

何故最近そのような脳の働きが明らかになってきたかと言われると、2000年頃に脳を生きたまま観察する機械が開発され、脳の働きが徐々に明らかになり、脳科学という言葉が使われるようになったそうです。

但し、だからと言って直ぐに脳の構造が解かる訳でもなく、一つ解かれば二つ解からないことが出てくるというのが現状なのだとか。

香りと脳の働きについて、色々お話し頂きました。
マウスを使っての実験では、親にある臭いをかがせてその都度電気ショックを与えると、臭いを嗅いだだけで身を竦めるという行動が起こるのだとか。

昔、教科書で似たようなお話が載っていたように思います。
けれど、ここからは違いました。
その親から生まれた子供に同じように臭いを嗅がせると、親と同じような反応が起こる。

まだ一世代だけの実験のようですが、二世代、三世代はどうなのか。
今後の実験が待たれています。

香りの記憶ということなのでしょうか。
  1. 2018/06/03(日) 10:53:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蝸牛。





DSC03510.jpg
先日、第30回目の全国大会が終わりました。
昨年と違い、けれどもこれまでとも違う方向から色々なことを見ることが出来た大会でした。

前夜祭では色々な催しがあり、それについてもまた少しづつ書いていこうと思っています。
連日30度の名古屋から最低気温の北海道に戻り、若干風邪を引いてしまいました。

前夜祭では、和泉流の狂言「蝸牛」を拝見しました。
能や狂言にはあまり興味がなかったのですが、年齢とともに少しづつ興味が出て参りました。

「蝸牛」とは、蝸牛(かたつむり)を知らない者がそれを探しに行くというお話です。
調べてみると蝸牛は生薬として使われていたとか。

蝸牛の黒焼きというものが、実際販売されていました。
外用薬のようですが、皮膚の再生、糖尿や腎臓病にも効用があると書いてあります。

何でも薬になるものだなと改めて思いましたが、巻貝のような貝を背中にしょったカタツムリもいました。
薬とするために、蝸牛とはどういうものかを聞いて探しに行きます。

藪に住み、腰に貝をぶら下げて、角がある。
偶然藪の中で寝ていた山伏は、これを面白がり蝸牛のふりをします。
確かに藪の中におり、腰には法螺貝をぶら下げ…角は苦心して出していました。

何より踊りが滑稽で、見ていると思わず笑ってしまいます。
その前には30回記念ということでしょう、人間国宝 野村 萬氏の祝言がありました。

その声、動き…不思議な世界でした。
祝言というものがどういうものなのか、行く前にネットで調べたりもしましたけれど、本当の所は解からず。

30年続いてきた会の事を思いつつ、支えてきた方々の事も思い出しつつ…。
会場からライトアップされた名古屋城を見ながら、夜は更けていきました。




  1. 2018/05/30(水) 13:18:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中島公園倶楽部。





170902_114316.jpg
文化や伝統、趣味など幅広い分野のセミナーやワークショップなどを定期的に開催している札幌パークホテル。
来年は蝦夷和紙作家の東野さんも講座を持たれます。
中島公園倶楽部

先日、「ハイヒールで美しく歩く」という講座を覗いてみました。
講師はフォルムウォーキングトレーナーの佐藤 桔更さん。

ファッションを魅せるウォーキングからデューク更家氏に師事し、健康やメンタルに影響を与えるウォーキングメソッドを学び、現在は独立してフォルムウォーキングを主宰。

歩く姿勢などのお話を聞いた後に、実践です。
足の踏み出し方や気を付けるポイントを習った後に、実際に歩いてみました。

自分で歩いている姿を動画に撮ってみたり…恐ろしい世界でした。
普段何気なくしている歩くという動作。

空気のようなものだと思っておりましたが、考えてみると歩き方でその方の性格まで解かりそうな気さえします。
ちょうど札幌滞在日に開催されたのもご縁だったのでしょう。
自分の姿勢がどうなっているのか、改めて考えさせられました。

壁に頭、肩、腰、足首を付けて立つと、それはそれは違和感を感じます。
着物のせいで、はなこは少し腰の辺りに隙間があくようです。

首が前に出ると、顔が大きく見えるとか。
それでは正常な位置はどこなのか…自分なりに動かしてみたり。

モデルさんのポージング。
こんなに大変なのかと驚くことばかりでした。

頭と身体が切り離されたような状況下では、足と手が一緒に出そうな勢いです。
一時間程度の講座を終えて、立食スタイルの懇親会。
ワインやビールもありお得です…。

ほんの少し歩いただけなのに、身体は暖かく感じます。
何より面白かったのは、先生が前を歩いているのを見ていると、自分が上手に歩いていると勘違いすることです。

動きでここまで感じが変わるのかと感心致しました。
自分の世界を振り返ってみると、それはお手前であったり、立ち居振る舞いなのですが。

はなこも人のお手前を見ていると、ここをこうしたらもっと綺麗に見えるのに…と思う事は多々あります。
それは、順序ではなく「間」とでも言うのでしょうか。

客観的に見るためには、自分でも映像を撮ってみるのも良いかなと思いました。
案外がっかりすると思います。

世界が変わると見える世界も変わるものです。
色々なことを考えさせられた時間でした。
  1. 2018/05/20(日) 11:05:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

直す前に。





DSC034641.jpg
寸法を変える前に、確認することがあります。
幅を広げたり、身丈を伸ばしたり…主に、今の形よりも大きくする場合の確認事項です。

①伸ばすだけの余りはあるのか。
これは、とても大事なことです。

袖幅の場合は、袖口と振り側に夫々縫い代が隠れているので、それを布の上から触って確認してみましょう。
とは言っても、袖口から伸ばすことは作り変えることになりますので、あまり選択肢には入れません。

但し、袖と胸の柄が繋がっている場合は、柄がずれることがありますので、袖は作り変える可能性が出て来ます。
それも頭に入れながら、どの程度出せるのかを考えていきます。

身丈の場合、胸の辺りに布の折りたたんだ部分があります。
これを「内揚げ」と呼びますが、それがどの程度あるのかを上から触って確認しましょう。

前と後ろにあり、それぞれ長さが違う場合があります。
一番短い部分が、最低限伸ばせる可能性がある長さです。
但し、これも柄合わせが絡んできますので、一概には言えない部分があります。

前と後ろの幅も脇を触って確認します。
後ろ幅と前幅をどの程度出したいのか…それを踏まえながら、縫い代の確認をします。
勿論、柄合わせがしっかりと絡むところです。

意外と忘れがちな部分。
衽です。

衽の上を衿側になぞって布の厚みを見てみます。
衽が伸ばせる分だけなければ、ハギなどを入れることになってしまいます。

また、衿も先の部分を触って折り返しを確認してみましょう。
身丈を伸ばす場合、衿は短くなることがありますが、縫い代は確認した方が宜しいでしょう。

最後に袷の場合は、裏も長さの確認が必要になります。

②出した場合のヤケや傷はないのか。
仕立ててから時間があまり経過していない着物については、筋消しも比較的簡単ですし、色ヤケも薄い場合があります。

着物の色によって焼けやすい色もあり、新しくても保管次第で色が焼けます。
目立たない部分…袷の場合は、振りの一部をちょっと解いてみるのも良いでしょう。

単衣の場合は、肩を解いて伸ばしてみると解かりやすいと思います。
必要ならば縫い直しも簡単だからです。

これらは、柄合わせを除いては、縮める場合には特に必要ないでしょう。
また、プロにお願いする場合は、これらのことを調べて筋消し、色ヤケ直し、などを含めた見積もりを出してくれるお店は良心的だと思います。

ここまで来たら、洗い張りをしてから仕立て直しをした方が宜しいとご提案があるかもしれません。
直す程度によります。
  1. 2018/05/18(金) 00:08:08|
  2. 着物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ